鹿児島の地鶏の鶏刺しや黒豚、水、焼酎、さつま揚げ、お米など鹿児島物産をご紹介!

鹿児島の地鶏の刺身とは

鹿児島といえば地元の人が愛している地鶏のお刺身。
でも、県外の人は
「鶏のお刺身って食べれるの!?」
「鶏の刺身なんて売ってない!」
という人が多いと思います。

私も実際鹿児島に住むまでは食べたことありませんでした。
でも鹿児島ではスーパーで気軽に鶏刺しを購入することができるんです。

鶏刺しってどんなの?

そもそも鶏刺しってどんなものを鶏刺しというのか。
鶏をお刺身で食べるなんてこわい!と思ってる人の為に調べてみました。

地鶏を刺身にしていただく

パックで販売されている鶏刺し九州といえば地鶏。
主に南部地方で飼育されています。
温暖で大自然の中で育った地鶏を新鮮なお刺身でいただきます。
鹿児島では郷土料理のひとつとして知られています。

モモ肉とムネ肉を中心に、ズリやレバーも生で食します。

新鮮な鶏刺しは専門店で購入!

鶏肉にはカンピロバクターと呼ばれる菌が多く生息している。
その為、鶏刺しの表面は火で炙られて殺菌効果のある
生姜にんにくなどの薬味をつけて食べるのが一般的です。

美味しい鶏刺しの食べ方

生姜やにんにくの薬味の他に
ネギや玉ねぎスライスを乗せて食べるのが美味しい食べ方です。
そして、なんといっても九州の甘いお醤油をつけていただきます。

はじめは抵抗のある食べ方ですが、癖になる美味しさ!
鹿児島では当たり前のように購入できていた鶏刺し。
県外では購入が難しいですがネット通販でもありますので是非お試しください!

 

新鮮な鶏刺しが食べられるお店はこちら

 

スポンサードリンク